「ケア」は実際に虐待であるため、青少年機関は攻撃性について警鐘を鳴らしますか?

ソース:nu.nl

サンダー・デッカー大臣 ショックを受けると言う 若者のケアにおける事件の激しさによる。 サンダー、ジョージオーウェルが彼の本1984ですでに何かを説明したからかもしれません 報道価値がある です。 その本では、「ケア」などの言葉は実際に虐待やその種の恐怖を意味する可能性があると説明されています。 2013の「ユースケア」設定で非表示のカメラ録画を使用して、すでにそれを視覚化しました(以下のビデオを参照)。 Heerhugowaardのその機関のディレクターは、これらの記録の結果として解雇され、ルールは少し調整されましたが、もちろん、主にスカウトをドアからさらに確実に締め出すことを目的としていました。

そのビデオは、そのような機関の恐怖についての洞察を提供します。 私の友人の娘がそのような施設に行き着いたときに、私はこの録音をしました。 彼女は熱を持っていたので、私たちは例外的に認められ、隠されたカメラで撮影することができました。 彼女がベッドのマットレスに隠した電話を密かに持ち込んで、彼女は(施設のスタッフによる)隣人の虐待の録音をすることができた。 ビデオの終わりにそれが聞こえます。 ビデオの最初の部分で、彼女は戸外で行ったすべての活動をどのように報告しなければならなかったかを報告します。 ノッチに深刻なものは何もないが、単に困難な思春期の時間や家庭の状況を持っているティーンエイジャーのための純粋な恐怖。 そしてもちろん、これは単なるスナップショットであり、ベールの先端でした。 この研究所の数人の元居住者(のみ)から私に言われた話は、この世界の外にあるだけです! 純粋な恐怖と誰もそれを見ません! きちんとした庭ときちんとした建物が、内部には地球上の地獄です。

過去には、あなたは普通の青年になることが許されていました。 最近は隔離室に閉じ込められています。 両親があなたを家に閉じ込めると、虐待の称号を受け取ります。 若者のケアワーカーが「痛みの刺激」(読み:お互いに平手打ち)を与えるか、隔離室でちらつく場合、それは教育的で「必要」です。 それは突然良いですか? 私たちはどこで終わったのか!?

これらの青少年介護労働者の良心は、住宅ローンや家賃と彼ら自身の子孫の最新のナイキを支払うことに疎外されているようです。 定期的だが一定の給料は良心を沈黙させているようだ。 平均的な青少年介護労働者の良心は、おそらく「befehl ist befehl」の概念を満たしています。 今、あなたはその気分作りを見つけるかもしれません、そして、本当に問題に対して本物の心を持っている多くの人々があることを本当に確信しているかもしれません。 申し訳ありませんが、青少年介護労働者に対する暴力があまりにも多いのは、おそらく何の理由もありません。 私は若者のケアについて多くの(回復:私は非常に多くのことを意味する)苦情を受けました。 言及するには多すぎる! その点で、私はそれらすべての苦情に個人的な注意を払うためにxを投げなければなりませんでした。 それはあまりにも多く、感情的にあまりにもストレスが多いです!

私の意見では、若者のケアは問題ではありません。 私たちは、すべての人類が見落とされるホラー再教育キャンプを目撃しています。 いや、私たちはそれを見ていないので、私たちはそれを目撃していません。 それはこっそりで発生します。 密室ときちんとした庭の後ろ。 家がうまくいかないかもしれないトリッキーな青年を閉じ込め、隔離細胞を閉じ込めることを含む、いわゆる「痛み刺激」を投与することは、中世よりも単純に悪い。 そのようなきちんとした正しい眼鏡とスーツを着たそのような牧師は、彼が「ショックを受けた」と言うことができますが、私にとってそれは「beh」と言う羊の服のオオカミにすぎません。 若者のケア全体は、「サービス」から多くのお金を稼ぎ、お金を汲み上げる機関の回路です の背中を渡って 無実の脆弱な子供たち。 真の産業になりました!

サンダー・デッカーは、このような「ケア」施設で、素敵な独房で1日過ごします(そのような「施設」にはPINコードロックの余地がないためです)。 冷却するために隔離セルを放り込むための観察用の素敵なアームまたはネッククランプを用意します(読みます:疲れ果てて床に横たわって幻滅します)。 それから、ネクタイをした美しいスーツ姿でお会いしましょう。 まだチャットがあるかどうかを確認します。

あなたは尋ねるかもしれません:若者の「ケア」従業員に対するより多くの暴力が起こるのは奇妙ですか、またはこれらの従業員がますます良心を失ったように見えるのは奇妙ですか? 不正行為を修正し、異常を正常に高めるために、誰もがお互いの手をつないでいると思われる国、オランダの問題は何ですか? 良心を取り戻し、そのような恐怖を終わらせる勇気を持っているのは誰ですか? 誰だ? (コメントのビデオもご覧ください)

ソースリンクリスト: ニュー

タグ: , , , , , , , , ,

著者について ()

コメント(11)

トラックバックURL | コメントのRSSフィード

  1. ウィルフレッド・バッカー 書きました:

  2. マーティンVrijland 書きました:

    シェアシェアシェアシェア!!

    注意:Facebookは、人々のタイムラインでこのメッセージをブロックします。なぜなら、彼らは「重要でない」(州の検閲を読む)であるため、個人のメール、WhatsAppなどで共有するからです!

    最悪なのは、大胆に記事を共有することを気にしないほとんどの人々が...恥ずかしそうな人自身が恥ずかしいことに気付くのではなく、他の人が彼らをjeるのではないかと恐れていることです。

  3. マーティンVrijland 書きました:

    私たちは、不正行為と戦うとされる政権自身が同じ種類の重大な不正行為をどのように犯すかを何度も見ています。 同盟国はナチスを追放したと言われていますが、戦争が終わったときにウィンストン・チャーチルはドレスデンを爆撃していました。 ナチスは人々を何のためにも殺しませんが、「救世主」はまったく同じことをしました。 誰が実際にアドルフ・ヒトラーに資金を提供したかという質問とは別に(そのシオニストのお金はアメリカから来たのではないか?):ナチズムは存在しなくなったのか? それとも、アドルフ・ヒトラーが現場から姿を消したことが、実際に新しい甘く見える民主的なジャケットのファシズムの再構築の始まりでしたか?

    幸運なことに、私たちはまだ画像を持っています..それが戦後の方法です(同盟の「救世主」のベフェルショットを参照)。
    ソビエトの再教育キャンプは、今日ではもはや難民として知られておらず、ナチスの強制収容所は、もはやその頑丈な外観をしていません。 今日では、GGZクリニックまたはユースケア施設と呼ばれています。 私たちはもう少し洗練されて、すべてを素敵なオーウェリアンのニュートークジャケットに入れました。だから、良心に悩まされることはありません。 正面玄関はきちんとしていて、庭はきちんとしていて、携帯ドアは素敵な装飾とピンロックがあります。

    • マーティンVrijland 書きました:

      • マーティンVrijland 書きました:

        死者の数は公式には25でしたが、これは「歴史は征服者によって書かれている」というチャーチルの概念に基づいています

        実際、私たちはこの爆撃後の数十万から百万人の死について話している。 しかし、もちろん、そのような番号を呼ぶのはネオナチだと再び主張されています。 勝者は歴史小冊子を書き直します(そしてもちろん、バラ色になります)。

        それは、リン爆弾雨の大きな波の一つの大きな連続であり、続いて生きていたすべてのものを根絶した巨大な火が続きました。 注:戦争はもう終わった!

      • マーティンVrijland 書きました:

        上記を投稿する理由

        私たちがまだ間違った体制の下で生きていることを示すため。 人々を投獄し、キャンプに入れる政権。 これらのキャンプは少し見栄えがよく、介護施設の称号があり、従業員にはきちんとした給料、きちんとしたフォルクスワーゲン、きちんとかき集められた農園があります。

        従業員の良心は給料によって磨き上げられ、パーティーやパーティーやコーヒーメーカーでの仕事に関する話を共有します。

        • AnOpen 書きました:

          Telkens gebeurt er zogenaamd een probleem waardoor je heftig verafschuwend erop reageert met de roep naar oplossen, aanpakken of ingrijpen. Vervolgens komt er steeds strenger heftiger en meer wetgeving. Idd meer bescherming en bevoegdheden voor een medewerker van de jeugdzorg. Gewoon bek dicht en doen wat er gezegd wordt of het terecht is of niet. Middels immorele en gewetenloze chantage dwingt men hun zin af in de omgang met de cliënt. Je wordt bijna zo lijp als een American max isolation prisoner benaderd en bejegend. Je bent echt een ding in zulke instellingen. Mooie maatschappij hé? Haha ja befehl ist befelh wordt lekker softwarematig opgevolgd, enige afwijking daarvan wordt als een extreem hoge uitzondering beschouwd. Uitzonderingen zijn net “bugs” in hun systemen. Vaak hebben ze zelf geen kids, maar men wilt volgens een boekje met “de jongere” om gaan. Klinkt al bijna als een product niet? Je moet “het” wel op een zekere gepaste afstand houden anders kan de veiligheid van je familie misschien niet meer gewaarborgd worden. Net als een echte max prisoner. Je weet maar nooit hé?

          Hey Martin en weer thx voor de kennis. Dank je wel voor het delen van je kennis, zeer gewaardeerd. Ik deel wel eens je artikelen. Maar men denkt dan dat ik gek wordt. Of men wordt angstig van bepaalde onderwerpen Of je komt met dat soort extreme rare dingen. Het maakt niet uit hoe hoog de intelligentie is, tot een bepaalde hoogte gaat cognitieve dissonantie opspelen of de kop gaat in het zand. Of men keert zich tegen jou. Ik heb er zelfs zowat ruzie om gekregen als ik men wees op deze artikelen.

          Kom niet met je poten aan hun wereld want dan kom je aan hun, dat zetten ze je betaald. Kan je weer betalen.
          Zoals het volk een heks ophing dat moet je doen met dat soort types die jongeren mensen mishandelen.

          • サンシャイン 書きました:

            Een mooie reactie van je. Tja, het is moeilijk jets te verwachten van de gewone bevolking omdat ze gewoon allemaal bang zijn. Dat verdringen ze zoveel mogelijk door juist zo veel mogelijk met de groepsdruk mee te gaan en de vastgestelde agendapunten te volgen.De bevolking praat na wat van overheidswege bepaald is. Nederland, Madurodam, is mogelijk erger dan de voormalige DDR. Hier spelen ze het slimmer. Dissidenten in Nederland worden geboycot, gestigmatiseerd, dood gezwegen enz en als je ergens lastig wordt krijg je een stiekum ongelukje, uiteraard geregisseerd door die stiekeme jongens je weet wel. Want helden zijn het niet opereren in het geniep. Want de status quo van de jongens moet met alle middelen behouden worden. Het terugdraaien van die status quo door de gewone bevolking is verboden. Het script moet gevolgd worden.

          • マーティンVrijland 書きました:

            Dat hoeft allemaal niet meer stiekem straks. Als de wetgeving door de kamer komt dat iedereen door familie, vrienden of buren als potentieel verward-persoon opgegeven kan worden, dan komt de psycholance gewoon zonder tussenkomst van rechter of psychiater lekker voorrijden om je mee te nemen.
            Met dank aan de Thijs H. PsyOp, Ruinerwold PsyOp en vele andere van het afgelopen jaar.
            Zo ruim je de dissidenten op terwijl anderen er lekker hun brood aan verdienen als GGZ medewerker (de nieuwe goelag bewakers).

  4. サンシャイン 書きました:

    はい、私たちが静かで微妙な独裁政権に住んでいることは事実です。 政権ができるだけ早く変化し、非常に良い生活を送っているという重要な地位が長期間、長すぎると、人口は最終的に自分の自由な国に住むことができます。

コメントを残す

サイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。 ミーアinformatie

このウェブサイトのクッキー設定は、「クッキーを許可する」と設定されています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを使用し続ける場合、または下記の「同意する」をクリックすると、これらの設定。

近いです